金属アレルギーの検査(パッチテスト)ができるようになります。

金属アレルギー検査(パッチテスト)とは
ピアスやネックレスなどのアクセサリーや歯科治療で使っている金属を長年装用していて、身体にアレルギー反応(接触性皮膚炎など)がおこることがあります。その原因となる金属を推定するのが、金属アレルギー検査(パッチテスト)です。

パッチテストは金属を含んだ試薬のついたテープを背中に貼って、アレルギー反応が起こるかどうかを調べる検査で、2日間テープを貼ったのち、2、3、7日目の3回判定をします。
テストではアルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金、パラジウム、インジウム、イリジウム、クロム、ニッケル、金、銅、マンガン、銀、亜鉛の15種類の金属を検査することができます。

検査を希望される方へ
1)電話で予約をしてください。
2)パッチテスト実施日は月、火、水曜日(午前中)のみです。ただし、判定の2、3、7日目のいずれかが祝日の場合はできません。

検査日

判  定

2日後 3日後 7日後
次週月
次週火
次週水

 

詳しいことは北部病院(096-245-1115)へお問い合わせください。

カテゴリー: 検査 パーマリンク

金属アレルギーの検査(パッチテスト)ができるようになります。 への2件のフィードバック

  1. 瀧本幸美 のコメント:

    お尋ねします。ひどくて足、手のかゆみがあります。どこの病院にいつてもよくなりません。今も他の皮膚科に通院中です。歯科にも通院中、金属もあり、扁桃腺もあります。歯科でつかわれている金属も教えて頂きました。

    • 管理人 のコメント:

      皮膚科主治医の先生とよくご相談された上でご検討よろしくお願いいたします。

      こちらは旧ブログだった為、返信が遅くなり申し訳ありません。

      新しいサイトにはお問い合わせフォーム等も設けております。
      https://hkb.or.jp/hkb/contact/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です