院内勉強会 頭痛について

副院長 渡邉(り)です。

朝晩はめっきり冷え込む季候となりました。北部病院ではインフルエンザの予防接種を受けにいらっしゃる患者さまが増えています。

さて、23日は月に一度の院内勉強会を開催しました。今回は頭痛について渡邉聖樹副院長から講演いただきました。

たかが頭痛、されど頭痛。鎮痛剤を過量に服用することでますます治りにくくなることもあり、さらに別の症状も生じてしまうこと。怖いですね。

頭痛で悩んでいる職員も予想以上に多いことにも驚きました(私もその一人ですが)。

神経内科の医師の診察を受けて、適切な診断、治療を行うことは大変重要です。最近は片頭痛専用のお薬や、発作の予防薬などもたくさん出てきております。治療の選択肢は多様化しております。

頭痛に困っておられる方は一度ぜひ外来受診されることをお勧めいたします。

カテゴリー: 健康, 勉強会・講演会, 医療, 医薬品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です