がん検診を受けましょう!

おはようございます。北部病院です。

3月もあと数日で終わり、いよいよ新年度に入りますね。新入生や新入社員などでなくても、何か新しいことを始めたくなる季節ですね。副院長は「編み物でエコバッグ作り」という本を買いましたが、なかなか糸を調達する段階まで行っていません(笑)。

新年度の忙しい時期ですが、みなさまに忘れていただきたくないこと、絶対受けてほしいこと。

それは「がん検診」です!

みなさま、ちゃんとがん検診は受けておられますか?先日外来受診にいらっしゃった患者さまが「もう熊本市のがん検診はなくなってしまったんですねえ。」と言われたのでビックリしました。

熊本市のがん検診はなくなってはおりません!昔のように個人への案内が来なくなっただけで、市政だよりや市のホームページではちゃんとお知らせしているんですよ。

4月から令和3年度のがん検診が始まります。詳しくはコチラ。

お便りやクーポンなどは持参の必要ありません。保険証や免許証など住所氏名、生年月日を確認できるものを持参いただければ、お手軽な自己負担金、年齢によっては無料でがん検診を受けられるのです。

日本人の2人に1人が「がん」にかかり、3人に1人が「がん」で亡くなっています。がんは誰でもかかる可能性がある病気です。でも怖がってばかりいる必要はありません。医療技術の進歩により、早期がんのうちに発見・治療できれば、完治や寛解の可能性も高くなります。
「私はいつも特定健診を受けているから大丈夫!」と言われる方がいらっしゃいますが、特定健診は生活習慣病を見つけるためのもので、がん検出を目的にしたものではありませんので混同されないようにご注意を!
 熊本市では肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がんの5種類のがん検診を実施しています。 20歳以上の女性は子宮頸がん検診、40歳以上の方はその他の検診を受けてください。胃内視鏡や乳がん、子宮頸がんは偶数年齢が補助の対象ですが、その他の検査は毎年受診OKです。

「健康第一」とよく言いますが、ほんとうに健康な心身があってこそ、やりたいことや好きなことを思いっきり楽しめるのではないでしょうか。

北部病院は熊本市の「胃がん健診」、「大腸がん検診」の指定医療機関になっております。「胃がん健診」については事前にお電話での予約が必要ですが、「大腸がん検診」は便潜血容器をお渡しするだけなので、ご予約は必要ありません。お気軽にお問い合わせください。

忙しいからと先延ばしにしたりせず、職場等でがん検診を受ける機会のない方は、ぜひ熊本市が実施するがん検診を受けましょう!!

がん検診