2月22日は「頭痛の日」

こんにちは、北部病院です。

あんなに雪が降って寒かったのがウソのようにここ数日はあたたかいですね。このまま分厚いコートとおさらばしたいですね。

さて、今日2月22日は何の日かご存じですか?

「ニャーニャーニャー」の「ネコの日」🐈、そうですね。かわいいですね。

でも医学的には「頭痛の日」でもあるのです(日本頭痛学会制定)。

みなさんは頭痛に悩まされることはありますか?ちなみにわたくし副院長は筋金入りの頭痛持ちであります。頭痛の中でも「片頭痛」という頭痛で、小学生のころから大変悩まされました。周りの人に迷惑もかけました。たかが頭痛、されど頭痛。苦しんでいる本人はとってもきついものなのです。

偶然なのか運命なのか、脳神経内科の専門となり、今は片頭痛のお薬を味方にして、なんとかこの病気とお付き合いしています。今朝もちょうど朝から頭痛があり、「頭痛の日に頭痛になるとは・・・。」と苦笑しながら出勤しました。でも今は片頭痛の予防薬であったり、発作時の特効薬であったりと色々なお薬が私たちをサポートしてくれます。

当院では専門外来として頭痛外来を開設しております。

頭痛、とくに片頭痛の方は、日常生活に支障をきたすことも多く、市販薬を中心とした自己流の治療により、頭痛の程度、頻度ともに悪化している方が多くおられます。
画像診断を中心とした二次性頭痛(脳腫瘍や脳梗塞など)の除外、片頭痛や緊張型頭痛といった一次性頭痛の診断と治療を軸にした診療を行っています。片頭痛に対しては、生活指導、適切な頓挫薬(トリプタン)や予防薬の選択・導入を行っています。頭痛で困っておられる地域の方々のお役に立ちたいと考えております。

初診は、水曜日、木曜日の14時から16時の間の予約制です。
頭痛でお困りの方、興味のある方はお問い合わせください。

また、「慢性頭痛」はオンライン診療の適応疾患となっています。
初期診療のあとに安定期にある方はオンラインでの診療も可能です。担当医にご相談ください。

オンライン診療はコチラ