睡眠時無呼吸症候群の在宅検査のご案内

睡眠時無呼吸症候群(SAS: Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。

主な症状は、いびき、起床時の頭痛、日中の眠気などですが、血圧が上昇したり、脳梗塞や心筋梗塞などの血管合併症を引き起こす要因となることもあります。

SASの疑いがある場合は、呼吸や血中の酸素量を測定できるスクリーニング検査が在宅で可能ですので、ご心配な方は受診時に担当医にお問い合わせください。

月別アーカイブ