パーキンソン病  心のケアのお話

北部病院難病サポートチームです。今回は病気や生活についての不安や悩みについてお話をさせていただきます。

  • 症状がなかなか良くならない、薬の飲み方が分からない等と言った悩み事がありましたらかかりつけ医師に相談しましょう。
  • 病気のことで将来に対する不安がある時は、まず家族や周囲の方に話すようにしましょう。身近な家族に話すことで気分がスッキリする事があるかもしれません。 
  • 軽い運動をするなど積極的に体を動かすと筋力や体力を維持することができます。症状が良くなったり悪くなったりする1日のリズムをしっかりとつかんで、散歩をしたりカラオケや映画を見に行くなどして気分転換をはかることも大切です。

北部病院難病サポートチームによるほくぴーカフェがコロナの影響で未だに再開されておりません。コロナが終息しカフェを再開する事により「今、お家○○にはまってまいす。」「家族や友人と○○をして楽しんでまいす。」また、「○○について悩んでいます。皆さんどうされていますか?」等病気と向き合って生活をされている方々の話し合いができる場が設けられたら、スタッフもできるだけ寄り添い合いたいと思います。