北部眼科 小児眼科

診療時間

お問い合わせ
 TEL 096-245-1156

駐車場完備 30台以上可
北部病院駐車場と共用できます

診療案内近視進行抑制

診療案内

近視進行抑制

● 近視の進行を抑える目薬

当院では、マイオピンというお薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。 数々の研究によりマイオピン0.01%はアトロピン1%と異なり副作用が少なく、近視症状の進行を効果的に軽減させることが証明されています。

マイオピン点眼
アトロピン1%点眼薬は近視の進行を抑制することが知られていましたが、副作用をもたらします。瞳孔が開き続けることによるまぶしさと強い光による不快感や目の痛み、遠近調節機能(手元を見る作業)が低下やアレルギー性結膜炎などの副作用などが問題視されてきました。しかし、その濃度を100分の1にうすめても、近視の進行を抑制出来ることがシンガポールで実証されました。

 

● お子様の眼鏡、コンタクトレンズ

眼鏡やコンタクトレンズはお子様の近視を矯正するために最もよく用いられる一般的な方法ですが、これらは近視の進行を阻止することはできず、逆に症状は年月の経過と共に更に近視が進行します。

 

● 近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。

軸性近視

 

● 料金

自費診療 保険適用外になります。

マイオピン 2,916円/本 (税込)
診察・検査代 2,000円/回

 

copyright