北部眼科 小児眼科

診療時間

お問い合わせ
 TEL 096-245-1156

駐車場完備 30台以上可
北部病院駐車場と共用できます

診療案内

診断内容

白内障手術可

白内障の進行具合をご説明します。
手術は小切開水晶体超音波乳化吸引術+ 人工水晶体挿入術
で行います。(症例に応じて)

"" 白内障と手術
"" 手術をお受けになる方へ(白内障)

 

硝子体疾患手術可 日帰り可

硝子体とは目の中の透明なゲル状組織です。 この組織が網膜を引っ張ったり癒着したり、炎症や出血などにより混濁したりすることで視力に障害を及ぼします。 病気の進行を止め、視力を回復させるために硝子体を取り除く手術を行います。

詳しくはこちら。

 

糖尿病眼合併症手術可

糖尿病眼健診、糖尿病による各種眼合併症の早期発見・早期治療。
糖尿病網膜症は、進行すると失明する恐れもあり、適切な時期にレーザー治療(網膜光凝固)を行います。

 

緑内障手術可

各種視野検査、視神経乳頭を光干渉断層撮影(OCT)することで、緑内障を早期に発見し、点眼治療を開始します。
場合によっては白内障+緑内障同時手術も行えます。

 

加齢黄斑変性症

抗VGEF剤の硝子体内注射治療
北部病院手術室にて、日帰りまたは入院で行えます。

 

レーザー治療

閉塞隅角緑内障、糖尿病網膜症、高血圧網膜症、網膜裂孔、網膜静脈分枝閉塞症、その他種眼底疾患に対するレーザー治療。
後発白内障のYAGレーザー治療。

"" レーザー治療を受けられる方へ

 

斜視・弱視視能訓練手術可

お子さんの場合、一定度数以上の遠視や乱視は治療が必要になります。ほうっておくと弱視(メガネをかけても視力が出ない)になってしまう可能性があるため、眼鏡処方やアイパッチ、(片眼遮蔽)にて視能訓練を行っていきます。
斜視を伴うと、プリズム眼鏡や手術で対応することもあります。
斜視のタイプで治療方法が異なりますので、まずは診察をお受け下さい。

 

屈折異常

近視・遠視・乱視・老視(老眼)などの各種屈折異常に対する相談・指導眼鏡処方。小児眼科セカンドオピニオンも受け付けます。

 

近視進行抑制

マイオピン(低濃度アトロピン)点眼を使った近視の進行を抑制する治療を行っております。
詳しくはこちら。

 

外眼部疾患(まぶたの悩み)手術可

眼瞼内反症(逆さまつ毛)・眼瞼下垂・眼瞼腫瘍・麦粒腫(ものもらい)・翼状片に対する手術、眼瞼けいれんに対するボツリヌス療法

"" ものもらい(霰粒腫、麦粒腫)、軽度外傷は眼科にて処置可能です。
"" 北部病院手術室で行う手術 (眼瞼下垂・内反症・翼状片など)

 

先天性鼻涙管閉塞

生後すぐからのメヤニ、流涙が特徴です。通水検査を行った後、マッサージ指導やブジー治療(細い棒で閉塞部を穿破)を行うこともあります。

 

航空身体検査

パイロットの皆様、パイロットを目指してる皆様お待たせしました!
航空身体検査を2016年10月1日から始めさせて頂くこととなりました。
詳しくはこちら。

 

深視力検査

深視力計が入りました。大型免許、二種免許などお持ちの方は更新前、または大型免許、二種免許取得などをお考えの方は取得前に検査が出来ます。
詳しくはこちら。

 

コンタクトレンズ診療

"" コンタクトレンズを使っている方へ

 

アレルギー相談・検査

当院では採血による花粉症・アレルギーの原因検索が出来ます。

 

アイドック(眼科検診)

前眼部から眼底、視神経まであらゆる眼疾患の早期発見に役立ちます。症状がなくても年に1回の眼科健診を受けましょう。

 

鍼治療(自由診療)

鍼治療始めました。詳しくはこちら。

 

その他

パソコン等による眼精疲労、ドライアイ、アレルギー性眼疾患、眼外傷、色覚異常、心因性視力障害等々なんでもご相談下さい。

"" アデノウイルス性結膜炎(流行性結膜炎・はやり目)

 

手術可とは 外眼部以外の手術は北部病院手術室で行います。
日帰り手術または入院でも行えます。
基本的には局所麻酔で行いますが、小児の方、ご希望の方は全身麻酔も可能です。

 

 

主な症状と疾患

急に見えなくなった
→急性緑内障、硝子体出血、網膜動脈閉塞症、網膜剥離

何かが飛んでいる、光る
→後部硝子体剥離、網膜剥離、ぶどう膜炎、硝子体出血

物が二重に見える
→脳神経麻痺、乱視、外眼筋麻痺、斜視

まぶしい
→角膜炎、白内障、ぶどう膜炎

眼が赤い
→結膜炎、角膜炎、急性緑内障、ぶどう膜炎、結膜下出血

見えない部分がある
→緑内障、網膜剥離、網膜動静脈閉塞症、閃輝暗点症

物がゆがんで見える
→黄斑変性症、黄斑上膜

copyright