「看護補助者」というお仕事をご存知ですか?

こんにちは、北部病院です。

粉雪が降り続ける熊本です。三寒四温といいますが、そろそろ冬服とおさらばして、あたたかい春をお迎えしたい頃ですね。

さて、本日は「看護補助者」というお仕事についての紹介です。あなたは「看護補助者」についてご存知ですか?

「看護補助者」は「看護助手」とも言います。お仕事の内容としては、患者さまに安全なケアを提供したり、看護師が仕事が効率よく行えるように業務の手助けをします。患者さまの療養生活でのお世話や看護師の補助業務、病室などの環境整備が主な仕事となります。患者さまに身近に寄り添う事が多く、大変やりがいのある仕事です。資格がなくてもOKです。院内研修やEラーニングなどで基礎知識や技術が習得できます。

🌸当院で勤務されている看護補助者へのインタビュー🌸

Q1.看護補助者とはどんなお仕事ですか?

看護師と連携して個々の患者さまに必要なお世話を行います。具体的には食事介助、排泄介助、オムツ交換、入浴介助、ベッド周辺の環境整備、レクレーションのお世話などです。物品の発注や補充業務、その他院内の環境整備なども行います。患者さまやそのご家族、そして共に働く仲間など「誰か」のために自分を最大限に活かせる、とてもやりがいのあるお仕事です。

Q2.実際に働いてみてどうですか?

全くの未経験者で働き始めたのが18年前。それまでは家族の役に立つ存在でしかなかった私が、今では毎日誰かのお役に立てて、感謝の言葉をいただいて、満足感や達成感を味わうことができています。「あなたがいてくれてよかった」そんな風に言って下さる患者さまのお言葉が私の活力の源です。介護福祉士の資格も取得できている今、あらためて思います。この仕事を選んだ私の選択は間違っていなかった!人として大切なことをたくさん学べるこの仕事は私の誇りです。

とても素敵なコメント、ありがとうございました!

明るく元気なで体力がある方、人と関わることが好きな方、相手を気遣えるやさしい方人の役に立ててることにやりがいが感じることができる方、私たちと一緒に働きませんか?

看護の現場を支え、患者さまを支える『看護補助者』。厚生労働省の紹介youtube動画もぜひご覧ください。

当院はさまざまな職種のスタッフによって支えられています。当院の求人情報ページでは、現在募集している職種に関する詳しい情報を確認できます。詳しくはコチラ

お問合せフォームではホームページからでも採用に関するお問合せを行うことができます。お電話でもお気軽にお問合せくださいませ。