在宅療養のチカラ

こんにちは、北部病院です。

春まっさかりといった気候の熊本です。あたたかいのを通り越して少し暑いくらいの陽気です。

4月に入り、北部病院にも新入職員さんが入っていらっしゃいました。昨日までは退職されるスタッフとのお別れにしんみりしていましたが、また新たな出会いとご縁を大切にして、日々の業務を頑張っていきたいです♪

訪問診療への道すがらの阿蘇宮も新緑がまぶしく、吹く風もさわやかです。いつものように患者さま方の健康と、コロナ収束をプチお参りしました。

在宅療養に切り替えられた患者さまはご家族や慣れ親しんだご自宅の風景に囲まれとても調子がよさそうで、あらためて在宅療養のパワーを実感いたします。食欲も増し、ご自分で動いてみようと意欲が出てきて、趣味の編み物まで再開される様子を拝見していると、環境というのはつくづく大事だなと思います。

在宅療養につきましては訪問診療に加え、ケアマネージャーが訪問リハビリ、訪問看護、訪問介護、訪問入浴サービス、ショートステイなどを調整し、ご家族の負担をなるべく軽減しながら1日でも長く在宅生活が続けられるように工夫をしております。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。