外来で点滴処置の際の「アイピロー」をご用意いたしました。

こんにちは。北部病院です。

朝からずっと雨模様の熊本です。

寒さも今のところ厳しくありませんが、外来には風邪症状や胃腸炎症状の患者さま、インフルエンザの患者さまも受診されています。みなさま感染予防対策はしっかりとお願いいたします。家に帰ったらまず「手洗い・うがい」ですよ!もちろんワクチンも!インフルエンザ予防接種のワクチンも少量入荷はございますのでどうぞお問い合わせください。

さてさて、本日は外来処置室で点滴を受けられる際にお使いいただけるように「アイピロー」をご用意いたしました、というお話です。なんと手作りのアイピローをデイケアほくぶのご利用者さま方があっという間に作ってくださいました!花柄模様が素敵ですね♪

お裁縫上手な人生の先輩方がたくさんいらっしゃって本当に心強いです。いつも感謝です。

ちなみにアイピローってご存じですか?仰向けになって休まれる際に目の上に置く「目隠し」のようなものです。あずきが中に入っているので、適度にずっしり感があり、目のくぼみにフィットして安定しやすく、さらにまぶしさをカットしてくれるので、リラックス効果があり、短時間のお休みでも深い休息感がございます。

以前外来処置室で点滴を受けている患者さまが仰向けでまぶしそうに腕で目隠しをされていたので、このたびご用意することにいたしました。衛生面に配慮して清潔なガーゼの上にピローを置かせていただきます。また、リハ室のリラクゼーションカプセルでもお使いいただけるようにご用意しております。

点滴や施術の際、ご要望がございましたら遠慮なくスタッフにお申し付けくださいませ。