漢方薬は苦手ですか?

こんにちは。北部病院です。

「漢方薬は苦手です。」と言われる患者さまが一定数でおられます。

一般的に漢方薬はエキス剤が多いので、ザラザラした顆粒のような剤形が喉にひっかかったり、漢方薬特有の苦味がダイレクトに来て「不味い」と感じられる事が多く、苦手意識に繋がるようです。

ただ、西洋のお薬でカバーしきれない症状に漢方薬が効果を発揮することもありますし、ひとくちに漢方薬といいましても実にたくさんの種類があるので、ひとつひとつ味も違います。苦手意識だけで治療の幅をせばめてしまうのはもったいない気がいたします。

はじめて漢方薬を飲む患者さまには以下のイラストのような飲み方をおすすめしております。「ぬるま湯」や「白湯」が最も飲みやすいとされています。冷水は顆粒が喉に引っかかりやすいです。

その他に「お湯に溶かして冷まして飲む」(レンジでチンすると溶けやすい)、「オブラートにつつむ」、「ヨーグルトに混ぜる」など患者さま独自の方法で飲まれている方もいらっしゃいます。市販のお薬ゼリーなども有用かもしれません。色々試してみられて、ぜひベストな方法を見つけてみて下さいませ。

お子様の場合は「少量のお湯に溶かした漢方薬をはちみつやチョコレートに混ぜる」という方法もあります。小学生のわが子の場合はチョコレートに溶かす方法がいいと申しております。

また製薬会社によっては錠剤やカプセルの漢方薬もございます(全種類対応ではありませんが)。また東洋医学的には「自分に合っている漢方は不思議とおいしく感じる(飲みやすい)」といったエピソードもございます。

漢方薬について疑問なことがございましたらお気軽にお尋ねください。