片頭痛の新しい注射薬、効果その後③

こんにちは、北部病院です。副院長の渡邉(り)です。ついに梅雨明けしましたね!

連日新型コロナワクチンの接種患者さまの影響もあり、大変外来が込み合い、お待たせして申し訳ございません。通常診療をしながらのワクチン接種業務になりますので、双方の患者さまともお時間に余裕を持っていらしていただけると大変助かります。いつも寛大なご理解ありがとうございます。今は64歳以下のかかりつけの患者さまの予約受付もいたしております(予約について詳細はコチラ)。

さて、最近外来では片頭痛の新薬の注射「エムガルティ」の2回目で受診される患者さまがいらっしゃっています。みなさまは1回目の注射の後、2週間後経過観察のため1度再診いただき、初回から1か月後の2回目の注射の時に2回目の再診をされています。

エムガルティ」という片頭痛発作抑制の注射薬の今までの体験談や経過につきましては(5/11のブログ)(5/24のブログ)(6/15のブログ)をご参照ください。

あれからさらに、私自身や患者さま方の片頭痛はどうなのか?気にしていただいている方もいらっしゃるかと思います。ご心配ありがとうございます。

まず、私自身の結果ですが・・・、先日3回目の注射をしました。今のところ頭痛の回数は月1~3回、しかも軽度になっています。回を重ねるにつれ、頭痛の回数・程度とも減ってきている実感がございます(もっと興味のある方は私の頭痛日記を直接見にいらしてくださいw)。3回目も注射部位の内出血などは起こりませんでした。

私のここ3か月間を振り返ると、頭痛発作「90%減少」くらいの効果だったなと感じています。これは大変すごいことだなと実感しています(はじめはそんな効果が出るなんて期待もしていなかった私です、本当にごめんなさい)。

そしてそして、1回目の注射を終えた患者さま方の1か月間の結果ですが・・・。みなさま全員大体私と同じような頻度まで改善がみられています!今まで毎日頭痛発作が起こっていた「重症」レベルの方も月3回程度の発作でした。みなさま予想外の効果の高さに驚かれています。

再診してくださる患者さまからは、「まるで生まれ変わったみたいです」とか「自分の頭がすげ替えられた気分です」とか「好きなことがたくさんできるようになって嬉しいです」などの喜びの声に満ち溢れていて、私までとても嬉しくなり、一緒に喜びを分かち合っています!今までお一人も「2回目はしません」という方は今のところいらっしゃいません。みなさま元の生活には二度と戻りたくないようです(私もです)。

「開発した人にノーベル賞をあげたいくらい感謝です」と言われた方もおられまして、そのくらい片頭痛の苦しみから解放されての喜びが伝わってきますね。「今まで発作時の痛み止めの内服薬がすぐ少なくなって不安になっていたのに、最近は全然減らなくなって、嬉しい~!」というお声も。

今後もひとりでも多く片頭痛で苦しむ方々が楽になりますよう、願っております。そのお手伝いができるよう私たちスタッフも頑張ります。

片頭痛発作抑制の注射薬につきましては、今後さらに少し注射の仕方が違うタイプのものがいくつか発売予定です。今後発売されましたらその情報もお知らせしてまいりますね。

片頭痛でお悩みの方や、その治療にご興味のある方はお気軽に当院までお問い合わせください。