CT装置が新しくなりました

こんにちは。北部病院院長です。毎日寒い日が続きますね。

さて、先月より当院のCT装置が新しくなりました!

キャノンメディカルシステムズ社製16列MDCT装置(Aquilion Start)です。

寝台が31.2cmまで下がり、患者様の乗り降りがしやすくなりました。また装置の開口径も78cmあり、圧迫感が軽減され患者さまに優しい仕様となっています。性能面でも以前の装置より画質が良くなり、より細やかな診断ができるようになるのはもちろんのこと、検査時間の短縮や以前の装置より被ばく線量を抑える事が可能になりました。

物忘れ外来や頭痛外来、パーキンソン病外来などの神経疾患での頭部CTや、肺気腫などの肺疾患での肺CT、肝胆膵疾患などの消化器疾患での腹部CTなど診療の有用なツールとなり、より患者さまのお役に立てるようになると思います。

16列MDCT装置(Aquilion Start)