KAiGO PRiDE 介護プライド!

おはようございます。北部病院です。

1月27日の院内勉強会は日本介護福祉士会、会長の石本淳也先生に「KAiGO PRiDE 介護関連のトピックス」というお題でご講演をいただきました。

当院の調整ミスで大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、エッセンスを凝縮した集中版ご講義をいただき、スタッフ一同食い入るようにお話を聞かせていただきました。

現在の介護をとりまく危機的現状にはじまり、急速な少子化の中でどう制度を維持していけるのか、また介護を自分や自分の家族のこととして考えていくとまた受け取り方、対処の仕方も変わってくるとのお話は皆「なるほどな~」と思いました。

それぞれの人がそれぞれ違う人生の生き方、考え方を持っていることに対してそれぞれがご満足いただけるような状況を多職種連携で作り上げていくことが大切だなと実感いたしました。介護サービスをなるべく使わなくていいように「元気な時から意識して健康づくりを頑張る」、「自分のことはなるべく自分で」を普段から心がけることなど簡単なキーワードで自分たち自身の将来のことも考えさせられる内容でした。

そしてなにより「KAiGO PRiDE」介護の仕事にプライド、プロ意識をもってやっていくというメッセージ。「どうせ、だって、でも」が口癖になっていないか?プロとして評価を得られるかどうかは自分次第、というお話にハッとしたスタッフも私含めていたかと思います。誰しもが歩む人生の一部に深くかかわる仕事の大切さを心に刻んで日々の仕事に生かせていけたら良いなと実感いたしました。

こちらが先生が作られた「KAiGO PRiDE」のメッセージ動画です。普段直接介護に関わることがない方もぜひ一度ご覧くださいませ。

 

石本先生、貴重で心に残るお話をどうもありがとうございました!