マスクの使い方

新型コロナウイルス感染拡大が続いていて、皆さん毎日マスクをされていると思います。
そのマスクの使い方で、気になることがあります。

マスク

マスクは自分の飛沫を人に浴びせない効果がありますが、マスクの表面にはウイルスや細菌がついている可能性があります。
マスクの表面を触った手で、手洗いなどをせずに、口や鼻、目を触ると感染する可能性があります。
マスクの位置を治すときなどは表面を触るのではなく、耳ひもやマスクの端を内側から少し掴んでやっていただきたいです。
わかってはいるけれども、無意識のうちにマスクの表面にさわられているかたも多いかと思います。

そこで、マスクを捨てる前にマスクの表面を見てみてください。

鼻の下や口が当たる部分がけば立ってはいませんか?もしもけば立っていたらそこをしょっちゅう触られているということになります。

今一度マスクの正しい使い方を確認して、感染予防に努め、新型コロナウイルスの終息をつかみ取りましょう。
マスクを外して大笑いをしながら、大宴会をすることを夢見て、感染防止を頑張りましょう。

笑顔