空っぽの傘立て

今年は梅雨入りが遅かったですが、いよいよじめじめのシーズン到来ですね。

気持ちも憂鬱になりがちですが、この時期にしか咲かない紫陽花や菖蒲を見つけると少し気持ちが明るくなります。

さて、ここ数ヶ月眼科には傘の忘れ物が無い状態が続いています。なかなかあるようでない奇跡的な状況です!

置き忘れられた傘たちは暫く保管した後は処分せざるを得ません。

時には新品では?と思われる傘が忘れてあったり、名字だけ書いてあって特定できなかったりで処分しながら申し訳ない気持ちになります。これから、傘の出番が多くなります。眼科へお越しの際は、傘を持って帰ることをお忘れなく!

 

傘