熊本市胃がん検診(胃内視鏡検査)が受けられます

当院で熊本市胃がん検診(胃内視鏡検査)が受けられるようになりました。


【対象者】熊本市在住の50歳以上の偶数年齢の方。
※ただし、次の方は対象となりません
①職場でがん検診を受ける機会のある方
②自覚症状のある方
③疾患の種類にかかわらず、入院中の方

 

次に該当する方は胃内視鏡検査の受診ができません。
①妊娠中、または妊娠している可能性がある方
②胃の病気で治療中、経過観察の方
③胃全摘術後の方
④のどや鼻に重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない方
⑤呼吸不全のある方
⑥急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方
⑦明らかな出血傾向またはその疑いのある方
⑧収縮期血圧が極めて高い方
⑨体調等により内視鏡検査に耐えれないと判断される方

 

がん検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡率を減少させることです。
早期に発見できれば、治療の選択肢も多く、治療後における予後も良好で、QOL(生活の質)の維持も図りやすいといわれています。
がんは熊本市の死亡原因の第1位です。
対象の方は早目に胃がん検診を受けることをお勧めします。

※当院での胃がん検診は予約制となっていますので希望の方は事前に連絡をお願いします。

検診