診療科目紹介

内科

地域のかかりつけ病院として生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症など)、かぜ、喘息、肺気腫などの呼吸器疾患、アレルギー、花粉症などの診療を行います。アレルギー検査(ダニ、スギ、食物各種など)、スギ花粉症舌下免疫療法も行っております。肺気腫や喘息の評価には、呼吸機能検査を行います。循環器疾患にも対応し、動悸、胸痛、心雑音、むくみなどのある方には胸部レントゲン、心電図、血液検査、心臓エコーなどを行います。
高齢化に伴いほとんどの方が多くの疾患をもっており、1つの病気だけではなく全身を見ることが求められています。総合内科専門医による総合的な内科診療を目指しております。必要な場合には専門医療機関に適切な紹介を行います。

代表的な病気

  • 生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症など)
  • 呼吸器疾患(かぜ、咽頭炎、喘息、気管支炎、肺炎、肺気腫など)
  • 循環器疾患(虚血性心疾患、心不全、不整脈、動脈硬化など)
  • アレルギー疾患(鼻炎、花粉症など)
    もっと詳しく

    当院では花粉症、アレルギーのスクリーニング検査が出来ます。 (アレルゲン検査)
    下記の項目を検査しています。その他オプション項目追加出来ますので、 ご相談下さい。

    コナヒョウヒダニ・ハウスダスト1・ネコフケ・イヌフケ・オオアワガエリ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ・スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ・カンジダ・アルテルナリア・ラテックス・ソバ・小麦・ピーナッツ・大豆・米・マグロ・サケ・エビ・カニ・ミルク・牛肉・鶏肉・卵白・キウィ・バナナ・ゴマ・豚肉・オボムコイド

    スギ・ダニのアレルギーの方対象。アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)。詳しくはコチラをご覧ください。

  • 膠原病
  • 血液疾患(貧血など)

代表的な検査

  • 超音波検査(エコー検査)
    もっと詳しく

    苦痛や被爆の問題もなく、手軽にできる検査が超音波検査(エコー検査)です。当院では、心臓エコー、頸部血管エコー、腹部エコーを中心に行っております。胸痛、心雑音、むくみなどのある方に心臓エコー、動脈硬化の評価、めまいなどの検査のため頸部血管エコー、肝機能障害、腹痛、前立腺肥大などの方に腹部エコーを行っております。また、最近は表在エコーとして整形疾患にも積極的に取り入れております。レントゲンでは見えない、筋肉、靭帯、末梢神経を評価することができ、骨折、肉離れ、手足のしびれ痛み、関節の痛み、腰痛0、筋膜痛性疼痛症候群などの診療に有用です。

神経内科

頭痛、めまい、しびれ、脱力、呂律のまわりにくさ、歩きにくさなどの症状がある場合は神経系の疾患の可能性があります。脳、脊髄、末梢神経、筋肉といった神経系に関連する疾患を専門とする神経内科専門医が対応します。詳しい病歴の聴取、神経診察や画像検査(頭部CT検査)、脳波検査を行い、診断を行います。動脈硬化の評価、めまいなどの検査のため頸部血管エコーも行います。
物忘れ認知症、パーキンソン病の専門外来を行っております。

代表的な病気

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血)
  • 認知症もっと詳しく
  • 頭痛
    もっと詳しく

     頭痛とは頭部の一部あるいは全体の痛みの総称です。後頭部と首(後頸部)の境界、眼の奥の痛みも頭痛として扱います。急におこった頭痛で、これまでに経験がないひどい頭痛、突発して短時間でピークに達するような頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴うような場合には、髄膜炎、脳炎、クモ膜下出血や脳卒中など脳や頭部の病気の症状として出てくる頭痛(症候性頭痛、二次性頭痛といいます)の可能性が高いので、至急受診して正確な診断を受けるほうがよいでしょう。
     以前から同じような頭痛を繰り返している場合は慢性頭痛で生命の危険はないことが大部分です。片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。最近はよい治療法もありますので、神経内科、脳神経外科、頭痛外来などを受診されるとよいでしょう。慢性頭痛でも、頭痛が経過と伴に悪化してくるような場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性もありますので、検査を受けましょう。
     慢性頭痛症の中には難治性のものもあります。必ずしもすべての頭痛に対して完全に痛みを取れるような治療法があるわけではありません。使用可能な治療薬、治療法を駆使して、頭痛による日常生活・仕事・家事・学業などへの悪影響を最小限にする努力を主治医と患者さん御自身が共同作業で進めていく必要があります。

  • パーキンソン病もっと詳しく
  • 末梢神経障害
  • 筋無力症
    など

代表的な検査

  • 脳波検査
    もっと詳しく

    脳波は、てんかんの診断に行う検査です。てんかんは、子供の病気と思われがちですが、最近は高齢者てんかんが増えています。脳卒中や認知症、外傷、腫瘍などのように脳になんらかの障害や傷があることもありますが、3割〜4割程度は原因不明と言われています。全身のけいれんだけでなく、一過性にぼーっとする発作(意識減衰発作)やふらふら歩いたり、口をもぐもぐさせるなどの動作(自動症)がみられることがあります。診断のためには頭部CTなどの画像診断と共に脳波が重要です。認知症と間違われることもあるので、疑われる場合には専門医に相談しましょう。当院では、神経内科専門医が診療にあたります。脳波検査は予約制で30分ほどかかります。

  • 頸動脈超音波検査もっと詳しく

漢方内科もっと詳しく

「病気ではなさそうだが、体調がすぐれない」
「西洋薬が苦手、体に合わない」
「西洋薬では対応できないような症状がある」
「漢方で病気を治したい」
「薬局で買っているが、値段が高い」
などのお悩みはありませんか?

漢方薬で体の色んな不調に対応できます。もちろん西洋薬との併用も可能です。
漢方薬は保健適応です。
副院長が漢方の診察を行い、お悩みにあった漢方薬を患者さまと相談しながら処方してまいります。
本当に体に合う漢方と出会えば、びっくりするほど早く効くこともあります。
診察の前に詳しい問診票に体調をご記入いただきます。小児の漢方についてもご相談承ります。

漢方が効く病気

  • 胃腸の不調
  • 体の冷え、全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 湿疹などの皮膚疾患
  • 不安神経症(パニック症状、動悸、不安、心配性)
  • むくみ、めまい、頭痛など
    (※これらはあくまで一例です)

女性内科もっと詳しく

女性は家事に加え、仕事や育児、介護などやらなければいけないことがたくさんあります。
しかも月経や閉経など、ホルモンバランスの崩れや栄養不足も起こりやすいのです。
自分が限度を超して頑張っていることに気づかない女性もいらっしゃいます。

当たり前のように毎日をこなしていても、どうしようもないような疲れや
体調不良を感じる事はありませんか?
お肌やアンチエイジングに悩みはありませんか?
他人には言えない事も、女性医師に気軽に相談してみませんか。

西洋薬、漢方薬、プラセンタやにんにく注射、美容皮膚科、サプリメントなど
あらゆる治療を組み合わせて、頑張る女性を応援していきます。
(※強引な勧誘などは一切いたしません)

老年内科

齢を経ることならではの体調の変調に伴い、悩みが色々とでてきます。
「物忘れ」や「泌尿器科系の症状」、「ホルモンバランスの崩れ」
「気落ち、うつ症状、活気、食欲が出ない」
「高血圧や高脂血症、糖尿病、閉塞性肺疾患など生活習慣病による各症状」
「皮膚の乾燥、トラブル」「関節や足腰の痛み」
など、 お気軽にご相談ください。

また、高齢者のご家族も、戸惑いや接し方が分からず悩んでいらっしゃる方も 多いのではないでしょうか。

「家で寝てばっかりいる」
「どうやら物忘れがありそうだ、最近ひどくなってきた」
「介護の仕方が分からない」 
「リハビリいついて相談したい」など、
ソーシャルワーカー、ケアマネージャーを含めたスタッフが親身に相談に乗ります。

お年を召されても、いつまでも生き生きと輝ける人生のお手伝いをさせていただきたいと思います。

胃腸科・消化器科 手術可

腹痛、胸焼け、おなかの張り、便秘、下痢、血便などの症状がある場合に、透視検査(胃透視、大腸透視)、消化管内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)、腹部エコー、腹部CTなどを行います。胃カメラ検査にてピロリ菌が陽性の場合には、ピロリ菌除菌を行います。

代表的な病気

  • 胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎
  • ポリープ
  • 肝障害(肝炎、脂肪肝など)
  • 腸疾患(腸炎、便秘症など)
  • 胆石症
    など

代表的な検査

  • 胃・大腸ファイバー検査
  • ノロウイルス抗原検査
    もっと詳しく

    ・ 3才未満、65才以上の方は保険適応。
    ・ 上記以外の年齢の方は1,500円です。
    検査結果は15分程で分かりますので、学校や職場へなど、迅速な対応もできます。
    ご自宅から密封容器に検体(便)を入れて持ってきていただいても検査可能です。

外科

外傷や皮膚病に対する小外科から虫垂炎やヘルニアなどの消化器外科に対応します。挫創、切創、刺創、裂創などの外傷に対する外科処置、必要な場合には縫合処置、破傷風予防のため破傷風トキソイドやグロブリンを使用します。

代表的な病気

  • 外傷
  • 皮膚腫瘤切除もしくはレーザー治療(イボ、粉瘤、魚の目、ほくろ)
  • 虫垂炎手術
  • 腹膜炎手術
  • 鼠径ヘルニア手術(プローリン使用)

肛門科手術可もっと詳しく

切れ痔、いぼ痔、肛門部痛、出血など肛門に関するお悩みに対応します。腸の病気が隠れていることもありますので、その場合には腸の検査も行います。
内服薬や座薬、外用薬を用いたり、手術や注射療法にも対応しております。

手術

  • 外痔核の短期入院手術(2泊3日入院)
  • 内痔核の注射療法(ジオン治療)(2泊3日入院)もっと詳しく
  • ろう手術

皮膚科

皮膚のかゆみ、ぶつぶつ、かぶれ、やけど、ケガなどに対応しております。
アレルギー検査(金属、食物、ダニ、ペット、スギなど)を行っております。
※金属アレルギーの検査(パッチテスト)について、詳しくはコチラをご覧ください。

代表的な病気

  • 湿疹
  • 接触性皮膚炎
  • 虫刺され
  • アトピー
  • 水虫(白癬症)など

自費診療

整形外科

首、肩、手、腰、膝、足の痛み、しびれなどの場合にご相談下さい。診察、検査(レントゲン、CTなど)にて診断し、原因に応じた治療を行います。また、最近は整形疾患にも積極的に超音波検査(エコー検査)を取り入れております。レントゲンでは見えない、筋肉、靭帯、末梢神経を評価することができ、骨折、肉離れ、手足のしびれ痛み、関節の痛み、腰痛、筋膜痛性疼痛症候群などの診療に有用です。患者様にやさしい検査として、今後も積極的に取り入れていきたいと考えています。
治療:関節注射、腰痛注射、ギプス固定、腰部固定帯、膝装具作成など
検査:レントゲン、CT、超音波検査、骨粗鬆症検査など。

代表的な病気

  • 変形性関節症(肩、膝など)
  • 変形性脊椎症(頸椎、腰椎)
  • 腰痛症
  • 骨折、打撲、捻挫、肉離れなど

泌尿器科

頻尿(トイレが近い)、尿意切迫(急な尿意、我慢できない)、尿漏れ、排尿時痛などがある場合にご相談下さい。
ED、勃起機能低下の際もご相談下さい(自費診療)。 もっと詳しく

代表的な病気

  • 膀胱炎、過活動性膀胱、前立腺肥大症など

麻酔科

手術の際の麻酔(腰椎麻酔もしくは麻酔専門医による全身麻酔)や疼痛の緩和(ペインコントロール)を行います。関節疾患や脊椎疾患、神経根障害に対する神経ブロック注射や三叉神経痛や帯状疱疹後神経痛などの神経障害性疼痛に対するペインコントロールを行います。

放射線科

レントゲン装置を用いて、胸部、腹部、手足、脊椎のレントゲン検査、胃や大腸の透視検査(バリウム検査)を行います。CT装置を用いて、頭部、胸部、腹部の検査を行います。デジタル化を行っており、診察室にてモニター画面上で説明いたします。超音波装置を用いて、頸部、心臓、腹部、四肢の検査を行います。

リハビリテーション科

リハビリテーションにより、機能回復、疼痛緩和、廃用予防、QOL(生活の質)の改善を目指します。理学療法士および作業療法士が担当します。高齢化に伴い筋力低下、筋量低下、移動能力低下(フレイルやサルコペニアなど)が問題となっており、維持期においても積極的なリハビリテーションが重要です。入院だけでなく、外来、通所(デイケア)、訪問でのリハビリに対応しており、地域リハビリにも取り組んでおります。

代表的な病気

  • 脳卒中後遺症
  • 神経難病(パーキンソン病など)
  • 骨折
  • 変形性関節症、変形性脊椎症(頸椎、腰椎など)
  • 交通事故後など
  • 痙縮治療(ボトックス治療)
    もっと詳しく

    脳卒中の後遺症のため手足のつっぱりのため、生活に障害を来すことがあります。リハビリテーションや内服薬、外科治療などさまざまな治療法がありますが、ボツリヌス療法もその一つです。筋肉を緊張させている神経の働きを抑えるボツリヌストキシンという薬を注射します。(参考PDF