物忘れ・認知症外来

物忘れ・認知症外来

物忘れは脳の病気で、お年寄りに多くみられる病気です。
物忘れが多くなったからといって、必ずしも認知症であるといわけではありません。
何度も同じことを聞く、以前できていたことができなくなった、捜し物が多くなった、道に迷う、などの症状がある方はご相談下さい。

当院では、病気による「物忘れ」の早期発見と適切な治療を行うため、神経内科、脳神経外科の専門医が診察を担当します。
病歴確認、神経診察、血液検査、X線検査、頭部CT、脳波などを行います。
頭部MRIや脳血流SPECTは必要に応じて連携する熊本再春荘病院にて行います。

予約制となっておりますのでご希望の方はご連絡下さい。
また、「もの忘れ外来」では、ご本人の生活状況が診断、治療に重要な情報となりますので受診の際には、必ずご本人の生活状況や日頃の様子をよく知っている人(ご家族など)に原則ご同伴いただいております。

診察日時(予約制)

  • 水曜日 14時~、15時~
  • その他 新患1例ずつ 原則予約制
         日頃の様子が分かる人(家族など)が原則同伴

月別アーカイブ