コーヒーと肝臓について

肝臓は生命を維持するために、栄養代謝、解毒、胆汁の生成・分泌など

大切な役割を担っています。

コーヒーは肝がんに予防的に働く可能性があり、

コーヒーを飲む人には肝硬変も少ないことが報告されています。

これは、コーヒーのポリフェノールが肝機能を保護する可能性が

示唆されているからです。

一日に2~3杯のブラックコーヒーを飲んで、コーヒーの健康効果に

期待してみませんか。              (日本栄養士会雑誌引用)